機器の配管へのスケール付着抑制方法

開放特許情報番号
L2017001718
開放特許情報登録日
2017/10/20
最新更新日
2017/10/20

基本情報

出願番号 特願2010-226952
出願日 2010/10/6
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-081370
公開日 2012/4/26
登録番号 特許第5745807号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 機器の配管へのスケール付着抑制方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 洗浄・除去
適用製品 機器の配管内にスケールが付着するのを抑制する方法
目的 スケールの付着を抑制し、配管内面が損傷せず、スケールの取り残しが少なく、スケール除去のために運転を停止する必要がなくメンテナンスの負担も小さい、機器の配管へのスケール付着抑制方法を提供する。
効果 機器を運転をしながらスケールの付着を抑制することができ、付着したスケールを除去するために機器の運転を停止する必要がなく、スケールの除去のためのメンテナンスに要する時間、費用もかさまないものであり、更に、熱交換器の配管内面を損傷することもない。
技術概要
配管及び該配管内に液体を流すための搬送手段を備えた機器の前記搬送手段を駆動して通常の運転を行っている状態で、前記配管内を流れる液体に、空気の微細気泡を、前記微細気泡の総体積の比率が0.0005乃至0.015となるように混入させることにより、前記配管内に炭酸カルシウムを主成分とするスケールが付着するのを抑制することを特徴とする機器の配管へのスケール付着抑制方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT