媒体印字装置

開放特許情報番号
L2017001704
開放特許情報登録日
2017/10/13
最新更新日
2017/10/13

基本情報

出願番号 特願2009-295949
出願日 2009/12/25
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2011-136423
公開日 2011/7/14
登録番号 特許第5275969号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 媒体印字装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 磁気データの読取部及び書込部を備えた媒体印字装置
目的 印字媒体の搬入・搬出時の斜行を防止可能な媒体印字装置を提供すること。
効果 通帳などの印字媒体の搬入・搬出時の斜行を防止することができる。
技術概要
印字媒体に印字処理を行う印字部と前記印字媒体が有する磁気記録部に記録された磁気データの読み取り及び、書き込みを行う磁気ヘッドと、印字媒体を挟持して搬送可能に対向配置された少なくとも一対の第1の駆動ローラ及び第1の従動ローラと、第1の駆動ローラが固定されたシャフトと、シャフトに一体固定され、磁気ヘッドに対向して配置され、第1の駆動ローラよりも摩擦係数の大きい材質からなる第2の駆動ローラと、を有し、前記磁気ヘッドと前記印字媒体の磁気記録部を密着させ、前記印字媒体を搬送しながら前記印字媒体が有する磁気記録部に記録された磁気データを、読み取り又は、書き込みを行い、更に、前記印字部が前記印字処理を行うに際し、前記印字媒体を前記印字部とで挟み込むプラテンと、前記プラテンを前記印字部に対して密着方向又は乖離方向に移動させる駆動部と、前記プラテンが前記印字部に対して乖離方向へ移動するに伴い、前記磁気ヘッド部が前記第2の駆動ローラに対して密着方向に移動、又は、前記プラテンが前記印字部に対して密着方向へ移動するに伴い、前記磁気ヘッド部が前記磁気ヘッド押さえ部材に対して乖離方向に移動する連動機構と、有することを特徴とする。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT