セルフチェックアウト装置および精算方法

開放特許情報番号
L2017001695
開放特許情報登録日
2017/10/13
最新更新日
2017/10/13

基本情報

出願番号 特願2008-221017
出願日 2008/8/29
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2010-055462
公開日 2010/3/11
登録番号 特許第5269523号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 セルフチェックアウト装置および精算方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 セルフチェックアウト装置および精算方法
目的 ポリ袋の利用削減を図ることができるセルフチェックアウト装置および精算方法を提供する。
効果 ポリ袋の利用を自動認識し利用数に応じた代金を自動的に請求可能とすることで、ポリ袋の利用削減を図ることができる。
技術概要
複数の包装物を保持し、前記複数の包装物の少なくとも1つが取り出されたことを検知すると所定の通知情報を出力する包装物提供部と、
前記包装物提供部が出力した前記通知情報に基づいて、提供した包装物の数をカウントするカウント部と、
代金支払い要求の入力を受け付けると、前記カウント部がカウントした前記包装物の数に基づいて、包装物の総額を算出する料金算出部と、
前記料金算出部が算出した前記包装物の総額に基づいて代金の精算を行う会計部と、
を有することを特徴とするセルフチェックアウト装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT