フッ素ドープ型酸化チタンバナジウムのナノ粒子及びその製造方法、並びに該ナノ粒子を含む分散液、塗料、透明樹脂成形体及び積層体

開放特許情報番号
L2017001661
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2019/3/29

基本情報

出願番号 特願2017-122837
出願日 2017/6/23
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2019-006624
公開日 2019/1/17
発明の名称 フッ素ドープ型酸化チタンバナジウムのナノ粒子及びその製造方法、並びに該ナノ粒子を含む分散液、塗料、透明樹脂成形体及び積層体
技術分野 化学・薬品、無機材料、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 フッ素ドープ型酸化チタンバナジウムのナノ粒子及びその製造方法、並びに該ナノ粒子を含む分散液、塗料、透明樹脂成形体及び積層体
目的 金属−絶縁体転移温度が低く、かつサーマルヒステリシス幅が小さい材料を提供する。
効果 本発明によれば、金属−絶縁体転移温度が低く、かつサーマルヒステリシス幅が小さい材料を提供することができる。
技術概要
ルチル型又は単斜晶系の結晶構造を有する二酸化バナジウム(VO↓2)のバナジウム(V)の一部がチタン(Ti)で置換されると共に、酸素(O)の一部がフッ素(F)で置換された、フッ素ドープ型酸化チタンバナジウムナノ粒子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT