黄色系無機顔料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2017001656
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2019/2/27

基本情報

出願番号 特願2017-113860
出願日 2017/6/9
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-203956
公開日 2018/12/27
発明の名称 黄色系無機顔料及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 黄色系無機顔料及びその製造方法
目的 化学的に安定であり、毒性が低く、製造コストが低廉な黄色系無機顔料及びその製造方法を提供する。
効果 本発明の黄色系無機顔料は、耐熱性を有し、生物に対する毒性も低く、比較的安価に生産できるという特性を有する。さらに、本発明の黄色系無機顔料は、例えば、路面表示用黄線、樹脂、及びゴム等の着色剤として好適に用いることができる。
技術概要
酸化ジルコニウムからなる粒子1の表面に酸化ビスマスと酸化ジルコニウムとを含む固溶体被膜2が形成されている黄色系無機顔料。酸化ジルコニウムからなる粒子はパデライトである、黄色無機顔料。平均粒子径が3〜150μmの酸化ジルコニウムからなる粒子1モルに対し、酸化ビスマス又は酸素存在下において800℃未満の温度で酸化ビスマスとなる酸化ビスマス前駆体を0.02〜0.1モルの比率で混合する混合工程と、当該混合工程で得られた混合粉末を酸素存在下において800〜900℃の温度で熱処理を行う熱処理工程と、を備える黄色系無機顔料の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT