受電電力調整装置ならびに自家発電装置およびその制御方法

開放特許情報番号
L2017001641
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2001-178255
出願日 2001/6/13
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-374629
公開日 2002/12/26
登録番号 特許第4996017号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 受電電力調整装置ならびに自家発電装置およびその制御方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 受電電力調整装置ならびに自家発電装置およびその制御方法
目的 負荷の変動に応じて電力を吸収しても、発電機の出力低下を迅速に行うことができ、また吸収した電力を異常検出時などに有効に利用することができる受電電力調整装置ならびに自家発電装置およびその制御方法を提供する。
効果 逆潮無しの条件で自家用発電機を商用電源に系統連系して接続する際に、受電電力一定制御の制御値を減少させることが可能になるので、発電機の負荷率および稼働率を向上させることができる。電力の調整は、負荷の急激な減少時などに、自家発電機から出力される電力を蓄積し、放出することが可能な電力蓄積手段を用いて行うので、一旦蓄積した電力は放出させて負荷に供給し、再利用することができるので、有効な電力エネルギの損失を少なくすることができる。
技術概要
発電機を商用電源に系統連系して接続する際に、逆潮流を防ぐため、負荷が少ないときに発電機の出力を抑えて、常に一定量以上の電力を受電するように制御を行う受電電力調整装置において、
負荷の急激な減少時に発電機から出力される電力を蓄積し、放出することが可能な電力蓄積手段と、
前記商用電源から受電する電力の電力値である受電電力値(E)を検出する電力変換器と、
前記電力蓄積手段に蓄積または放出される電力の電力値である入出力電力値(F)を演算する電力演算部と、
前記電力変換器によって検出された受電電力値(E)と、前記電力演算部によって演算された入出力電力値(F)との差を算出し、この差として算出された電力値(E0)を受電電力の目標値(M)から差引いた分の電力を、前記電力蓄積手段に蓄積または放出させるとともに、電力値(E0)に基づいて発電機の出力を制御する発電制御手段とを含むことを特徴とする受電電力調整装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT