浄水処理設備及び処理方法

開放特許情報番号
L2017001636
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2006-080214
出願日 2006/3/23
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-253052
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4571086号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 浄水処理設備及び処理方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 浄水処理設備及び処理方法
目的 Mn除去槽から着水に返送される返送水を効果的に中和処理して着水井の酸性剤の使用量を少なくすることができる浄水処理設備及び処理方法を提供する。
効果 中和槽で中和処理することによって、着水井でのpH調整の処理に使用する酸性剤の使用量を少なくすることができ、これによって、浄水処理のコストの低減を図ることができる。
炭酸水を用いて返送水を中和処理することによって、返送水を効率よく中和することができ、特に炭酸水として用いることによってより効果的に作用させて効率的な中和処理を行うことができる。
技術概要
浄水用の原水を取水する着水井と、原水に含まれた懸濁物を沈殿除去する沈殿池と、沈殿池からの上水を所要の通りに水処理する水処理設備と、前記沈殿池にて分離された上水汚泥を濃縮する濃縮槽と、前記濃縮槽にて分離された濃縮汚泥を脱水する脱水装置と、前記濃縮槽の上澄み水に含まれたマンガン成分を除去するMn除去槽と、前記Mn除去槽からの返送水を前記着水井に返送する返送ラインと、を備えた浄水処理設備であって、
前記返送ラインには中和槽が設けられ、ガスエンジン又はガスタービンからの燃焼排ガスが前記中和槽に供給され、この中和槽において、前記Mn除去槽からの返送水が前記燃焼排ガスによって中和処理されることを特徴とする浄水処理設備。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT