圧力センサの出力周波数算出方法およびそれを用いた気圧観測による津波警報装置、津波警報システム

開放特許情報番号
L2017001626
開放特許情報登録日
2017/10/4
最新更新日
2017/10/4

基本情報

出願番号 特願2015-003183
出願日 2015/1/9
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所
公開番号 特開2016-128766
公開日 2016/7/14
登録番号 特許第6206980号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 圧力センサの出力周波数算出方法およびそれを用いた気圧観測による津波警報装置、津波警報システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 圧力センサの出力周波数算出方法、津波警報装置、津波警報システム
目的 高精度な時刻同期を行うことのできる圧力センサの出力周波数算出方法を提供すると共に、この出力周波数算出方法を用いて、地震動と気圧の同時計測を行い、その計測値から津波襲来の危険度を判定する津波警報装置、津波警報システムを提供する。
効果 本発明に係る圧力センサの出力周波数算出方法よれば、正確な時刻同期を行うことが可能となる。さらに、本発明に係る津波警報装置および津波警報システムによれば、陸上の観測のみで津波発生の有無を判定し、津波警報を配信することが可能となる。
技術概要
本発明に係る圧力センサの出力周波数算出方法は、圧力センサから出力される矩形波の周波数を算出する圧力センサの出力周波数算出方法であって、時間フレーム中の矩形波の数をカウントする際には、時間フレームの開始時間に重なる開始時矩形波は、開始時矩形波が時間フレーム中に含まれる時間幅(T↓a)を、開始時矩形波の時間幅(T↓1)で除したものによりカウントし、時間フレームの終了時間に重なる終了時矩形波は、終了時矩形波が時間フレーム中に含まれる時間幅(T↓b)を、終了時矩形波の時間幅(T↓(N+1))で除したものによりカウントすることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT