低温液化ガス貯留設備

開放特許情報番号
L2017001623
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2011-205084
出願日 2006/3/17
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-252604
公開日 2011/12/15
登録番号 特許第5232280号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 低温液化ガス貯留設備
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 低温液化ガス貯留設備
目的 外槽と筒状外壁との間への雨水や結露水の浸入を簡便、かつ、確実に防止できるようにする。
効果 外槽における金属製屋根板の外面から覆い板の上面に亘って金属製継ぎ板を環状に架け渡し、その継ぎ板の筒径方向両端縁部の夫々を、外槽における金属製屋根板の外面と覆い板の上面に一連に溶接接合してあるので、外槽における金属製屋根板の外面と覆い板の上面に一連に溶接接合してある環状の継ぎ板で、外槽と筒状外壁との間への雨水や結露水の浸入を確実に防止できる。
技術概要
ドーム屋根の上面を形成している金属製屋根板と金属製筒状周壁とを一連一体に形成してある外槽の内側に、低温液化ガス貯留用の内槽を断熱材を介して収容し、前記外槽の外側部を全周に亘って取り囲むコンクリート製の筒状外壁を前記外槽と一体に立設すると共に、その筒状外壁の上端面を環状に覆う金属製覆い板を設けてある低温液化ガス貯留設備であって、
前記外槽における前記金属製屋根板の外面から前記覆い板の上面に亘り、金属製継ぎ板を筒径方向外方側ほど低くなる傾斜姿勢で環状に架け渡して、その筒径方向両端縁部の夫々を一連に溶接接合してあるとともに、
前記外槽の前記筒状外壁に対向する外周面に、金属製環状帯板材を前記筒状外壁側に向けて鍔状に突出する姿勢で一連に溶接固定して、前記筒状外壁に埋設してある低温液化ガス貯留設備。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT