LNG洋上貯蔵構造体

開放特許情報番号
L2017001619
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2005-093461
出願日 2005/3/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2006-275128
公開日 2006/10/12
登録番号 特許第4600925号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 LNG洋上貯蔵構造体
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 LNG洋上貯蔵構造体
目的 海水に対する充分な安全性を確保することができるLNG洋上貯蔵構造体を提供する。
作業者による保安、点検を容易に行うことができるLNG洋上貯蔵構造体を提供する。
効果 LNGを貯蔵するための内壁体と、この内壁体の外側に配設された外壁体の二重構造となっているので、貯蔵したLNGの漏れなどに対して充分な安全性を考慮した構造となっている。
万一の内壁体からのLNGの漏洩に対しても、漏れたLNGによる冷熱がこの冷熱抵抗緩和材により緩和され、LNGの冷熱による外コンクリートへの悪影響を回避し、外コンクリート壁を保護することができる。
冷熱抵抗緩和材をこの保護コンクリートで保護することができ、洋上貯蔵構造体の設置作業時などにおける冷熱抵抗緩和材の破損を防止することができる。
技術概要
LNGを貯蔵するための内壁体と、前記内壁体の外側に配設された外壁体と、を備えたLNG洋上貯蔵構造体であって、
前記外壁体は、前記外壁体としての強度を保つための外コンクリート壁と、前記外コンクリート壁の内側表面に配設された冷熱抵抗緩和材と、前記冷熱抵抗緩和材の表面に配設された保護コンクリート壁とを備えることを特徴とするLNG洋上貯蔵構造体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT