発電・空調システム

開放特許情報番号
L2017001618
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2006-022714
出願日 2006/1/31
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-209081
公開日 2007/8/16
登録番号 特許第4721922号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 発電・空調システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 発電・空調システム
目的 目標値となる設定電力量を適切かつ容易に設定し、受電電力量の増加を抑えて経済性を向上できるようにすることを目的とし、請求項2に係る発明は、ランニングコストを低減して経済性を一層向上できるようにすること。
効果 商用電源から受ける受電電力量が増加して設定電力量を超えると予測される場合に、発電機能付きエンジン駆動式ヒートポンプ装置を起動して発電機を駆動し、受電電力量の増加を抑える。受電電力量記憶手段で記憶された課金対象期間内の最大受電電力量に基づいて、目標値となる設定電力量を自動的に設定することができる。発電機能付きエンジン駆動式ヒートポンプ装置において、その内部に備えられている発電機を利用し、その発電機で発電電力を得て受電電力量の増加を抑えるから、経済的に受電電力量の増加を抑えることができる。
技術概要
発電制御手段と、を備えた発電・空調システムにおいて、
前記受電電力量算出手段で算出された受電電力量の経時的変化を記憶する受電電力量記憶手段と、 (1)式に基づいて、目標設定電力量Psを自動的に算出して前記電力量比較手段における設定電力量に置換する設定電力量算出手段と、
を備えたことを特徴とする発電・空調システム。
Ps=Pmin+(Pmax−Pmin)×k ……(1)
Pmax:前記受電電力量記憶手段で記憶された課金対象期間内の最大受電電力量にそのときの発電量合計値を加えた値
Pmin:Pmaxから発電機を最大能力で発電したと仮定した場合の発電電力量を減じた値
係数kは、過去の運転実績に基づいた値、あるいは、0.8≧k≧0.5の範囲で設定される値
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT