系統連系インバータ装置

開放特許情報番号
L2017001578
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2006-088428
出願日 2006/3/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-267495
公開日 2007/10/11
登録番号 特許第4847771号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 系統連系インバータ装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 系統連系インバータ装置
目的 商用系統周波数の周波数制御に寄与できる系統連系インバータ装置を提供する。
効果 商用系統における周波数制御に貢献できる系統連系インバータ装置を提供できる。
商用系統周波数が変化し、且つ、商用系統周波数の基準周波数からの周波数偏差が発生しているときには、商用系統周波数の変化を引き戻すような周波数制御を行うことで商用系統周波数の安定化に貢献することができ、且つ、発生している周波数偏差を補償するような周波数制御を行って、商用系統周波数を基準周波数に近づけることができる。
技術概要
電源装置を商用系統に連系するインバータと、目標インバータ出力指令値に基づいてインバータ出力指令値を決定して、前記インバータを前記インバータ出力指令値に応じて稼動させる出力制御手段とを備える系統連系インバータ装置であって、
前記出力制御手段が、前記商用系統での商用系統周波数を監視する周波数監視手段の監視結果に基づいて、前記商用系統周波数に変化が有ると、前記商用系統周波数が大きくなるにつれて前記インバータ出力指令値を小さくする設定関係に従って前記インバータ出力指令値を変動させて前記インバータを稼動させた後、実際のインバータ出力値が前記目標インバータ出力指令値と等しいか否かを判定し、前記実際のインバータ出力値が前記目標インバータ出力指令値と等しくないときは、前記目標インバータ出力指令値を前記インバータ出力指令値として、前記インバータを稼動させる周波数変化対応制御を実行するように構成されている系統連系インバータ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT