油脂火災防止用ガス検知器及び油脂火災防止用ガス検知方法

開放特許情報番号
L2017001569
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2007-339579
出願日 2002/11/20
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2008-107364
公開日 2008/5/8
登録番号 特許第4480759号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 油脂火災防止用ガス検知器及び油脂火災防止用ガス検知方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 油脂火災防止用ガス検知器、及び、油脂火災防止用ガス検知方法
目的 油脂の種類によらず、油脂火災をその発生前に検知することが可能となる油脂火災防止用ガス検知器、並びに、油脂火災防止用ガス検知方法を提供する。
効果 油脂の種類によらず、油脂の温度によって油脂火災をその発生前に検知することが可能となる油脂火災防止用ガス検知器が提供される。
技術概要
炭素数2〜8のアルカンのうちの少なくとも1つのガス成分に感度を有するセンサ素子と、そのセンサ素子の出力情報に基づいて、油脂の温度を推定する油温推定手段とを備え、前記センサ素子が、酸化物半導体であるタングステン酸化物を主成分として、RuをWに対して元素比で0.5%〜5.0%の範囲で含有する1層構造の感ガス体材料より構成される油脂火災防止用ガス検知器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT