ポリ乳酸の分解方法

開放特許情報番号
L2017001565
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2008-324655
出願日 2008/12/19
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2010-144102
公開日 2010/7/1
登録番号 特許第5072819号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 ポリ乳酸の分解方法
技術分野 有機材料、機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 ポリ乳酸を含む有機物の処理方法
目的 ポリ乳酸を効率的に分解することにより、ポリ乳酸を含む有機物に対してメタン発酵等の生物学的処理による分解を受け易くすることができる、ポリ乳酸の分解方法を提供すること。
効果 ポリ乳酸を含む有機物と一般式(I)で表されるアミン化合物の塩とを40℃を超える温度に加熱することによって、ポリ乳酸の分解効率を顕著に向上させることができる。
ポリ乳酸を効率的に原料の乳酸に再生し、ポリ乳酸以外の固形物と分離したのちにポリ乳酸に再合成することができる。またはポリ乳酸を生物学的処理(特にメタン発酵処理)に適した基質に変換でき、ひいては生物学的処理によるポリ乳酸の分解に要するトータルコストや生物学的処理後の最終残渣を低減することが可能になる。
技術概要
ポリ乳酸を含む有機物を、下記一般式(I)で表されるアミン化合物の塩の共存下で40℃以上に加熱することによって、効率的にポリ乳酸を分解できることを見出した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT