熱電併給装置の排熱を利用した暖房装置

開放特許情報番号
L2017001561
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2008-066822
出願日 2008/3/14
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2009-222293
公開日 2009/10/1
登録番号 特許第5189387号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱電併給装置の排熱を利用した暖房装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 暖房装置
目的 熱源を冷却する冷却水との間で熱交換を行う水−水熱交換器が不要となり、また、温風を熱電併給装置内に設けた放熱器で生成することができて、使用先に放熱器を設ける必要がなく、水−水熱交換器や放熱器の設備費及び放熱器の設置スペースの低減化を図ることができる熱電併給装置の排熱を利用した暖房装置を提供する。
効果 熱源を冷却する冷却水との間で熱交換を行う水−水熱交換器が不要となり、また、温風を熱電併給装置内に設けた放熱器で生成することができて、使用先に放熱器を設ける必要がなく、水−水熱交換器や放熱器の設備費及び放熱器の設置スペースの低減化を図ることが可能となる。
技術概要
熱電併給装置の熱源を冷却するための冷却水を流す循環流路を設け、循環流路にポンプと放熱器とを設け、放熱器の冷却空気の流入部に空気を使用先から戻すための戻り流路を接続すると共に、放熱器の冷却空気の流出部に放熱器で生成した温風を使用先に供給するための供給流路を接続して該供給流路にブロアを設け、使用先に暖房機を設置し、該暖房機の空気取込口の面積を供給流路の下流端の吐出口の面積の3倍以上にすると共に、前記吐出口を前記空気取込口の面積内に収まるように配置して成ることを特徴とする熱電併給装置の排熱を利用した暖房装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT