排ガスを利用した植物育成用CO2供給装置

開放特許情報番号
L2017001560
開放特許情報登録日
2017/10/6
最新更新日
2017/10/6

基本情報

出願番号 特願2007-042840
出願日 2007/2/22
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2008-201649
公開日 2008/9/4
登録番号 特許第4922010号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 排ガスを利用した植物育成用CO2供給装置
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 植物育成用CO2供給装置
目的 排ガス中の有害物質の濃度を低減させると共に排ガスの温度を使用に適した温度として、CO2を含む排ガスを育成する植物に供給するにあたり、触媒層を均一に加熱して排ガスを効率良く浄化することができる排ガスを利用した植物育成用CO2供給装置を提供すること。
効果 排ガス中の有害物質の一酸化炭素、未燃炭化水素、窒素酸化物を低減させると共に排ガスの温度を使用に適した温度として、CO2を含む排ガスを育成する植物に供給することができると共に作業者への安全性も確保することができ、これにあたり、触媒層を均一に加熱して排ガスを効率良く浄化することができる。
技術概要
内燃機関又は燃焼装置から排出される排ガスの流路の少なくとも一部を上流側が下側となり下流側が上側となる縦型流路とし、前記縦型流路に下側より順に酸化触媒層と熱交換器とを設けて成ることを特徴とする排ガスを利用した植物育成用CO2供給装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT