MALDI質量分析法

開放特許情報番号
L2017001526
開放特許情報登録日
2017/10/16
最新更新日
2017/10/16

基本情報

出願番号 特願2011-547713
出願日 2010/12/28
出願人 公益財団法人野口研究所
公開番号 WO2011/081180
公開日 2011/7/7
登録番号 特許第5504282号
特許権者 公益財団法人野口研究所
発明の名称 MALDI質量分析法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 MALDI質量分析法におけるスイートスポットの予測方法
目的 MALDI質量分析法において、高いイオン生成量を提供する測定試料混合物の判定及びスイートスポットを正確に予測することで、短時間で効率良く質の高いMSスペクトルを得ることのできる方法を提供すること。
効果 問題点と課題を解決し、測定試料の善し悪しやスイートスポットがMALDI質量分析法用の試料支持部材上のどの部分にあるかを経験によって探し出す必要がなくなり、誰でも短時間で効率良く質の高いMSスペクトルを得ることができる。それによって、自動分析への応用が可能となり、高スループットのMS分析手法を提供することができる。
技術概要
MALDI質量分析法において、測定対象分子を含む試料とマトリックスの混合結晶を析出させた後、質量分析法以外の分析方法を用いて、該混合結晶の局所的な分析をしてからMALDI質量分析をして、スイートスポットになる該混合結晶の部分の分析結果、及び/又はスイートスポットにならない該混合結晶の部分の分析結果を予め特定しておき、次に、測定対象分子を含む試料と該マトリックスの混合結晶を析出させた後、該質量分析法以外の分析方法を用いて、該混合結晶の局所的な分析をし、スイートスポットになる該混合結晶の部分の該分析結果を呈する混合結晶の部分を検出して、その部分がスイートスポットであると予測する、及び/又はスイートスポットにならない該混合結晶の部分の該分析結果を呈する混合結晶の部分を検出して、その部分がスイートスポットでないと予測することを特徴とするスイートスポットの予測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT