加熱調理器

開放特許情報番号
L2017001512
開放特許情報登録日
2017/9/22
最新更新日
2017/9/22

基本情報

出願番号 特願2010-169581
出願日 2010/7/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-032024
公開日 2012/2/16
登録番号 特許第5705473号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 加熱調理器
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 加熱調理器
目的 蒸気を熱源又は熱媒体とすることで、汎用的な調理形態を実現し、高い熱効率を実現すると共に、美観、清掃性に優れた調理用上部開放型の加熱調理器を提供する。
効果 天面部材を、被加熱物載置部と、その内側に備えられる蒸気供給空間形成部とで構成することで、被加熱物を天板の被加熱物載置部に載置するだけで、蒸気供給空間を形成できるため、蒸気による加熱で汎用的な調理形態を実現でき、美観、清掃性に優れた加熱調理器を提供することができる。
低温域においては凝縮潜熱を利用するため高い熱効率を実現でき、ガスコンロにおいては60%が限界といわれている熱効率を凌ぐ、熱効率に優れた上部開放型の加熱調理器を提供できる。
技術概要
天板上に載置された被加熱物を加熱して調理する上部開放型の加熱調理器であって、加熱調理器の天面を画定する天面部材に、前記被加熱物が載置される板状の被加熱物載置部と、前記被加熱物載置部より被加熱物中心側に位置するとともに、前記被加熱物載置部より下側に位置する蒸気供給空間形成部とを備え前記被加熱物を前記被加熱物載置部上に載置した調理状態で、前記蒸気供給空間形成部と前記被加熱物との間に蒸気供給空間を形成可能に構成され、前記天面部材の前記蒸気供給空間形成部に設けられた蒸気を噴出する蒸気噴口と、前記蒸気噴口を通じて前記蒸気供給空間に前記被加熱物を加熱するための加熱用蒸気を供給する蒸気供給手段と、前記蒸気供給空間で発生した凝縮水を前記蒸気供給空間外に放出する凝縮水放出路とを備え、前記凝縮水放出路が前記蒸気供給空間に接続され、前記蒸気供給空間形成部が、周縁部凹状となっており、前記凝縮水放出路が、前記蒸気供給空間のまわりに接続され、前記蒸気供給手段が前記加熱用蒸気として、前記被加熱物の温度が80℃以下の低温域では低圧飽和蒸気を、80℃より高い温度域では低圧過熱蒸気を供給するように構成されている上部開放型の加熱調理器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT