熱交換器及び熱交換器の製造方法

開放特許情報番号
L2017001475
開放特許情報登録日
2017/9/22
最新更新日
2017/9/22

基本情報

出願番号 特願2011-064891
出願日 2011/3/23
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-202563
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5731246号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱交換器及び熱交換器の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱交換器及び熱交換器の製造方法
目的 強度の向上を図ることができながら、コンパクトに構成して伝熱性能を向上できる熱交換器及び熱交換器の製造方法を提供する。
効果 流体を通流させる流体通流室が4つ以上備えられ、4つ以上の流体を熱交換させ、強度の向上を図ることができながら、機器をコンパクトに構成して伝熱性能を向上できる各種の熱交換器及び熱交換器の製造方法に適応可能である。
技術概要
流体を通流させる流体通流室が4つ以上備えられ、4つ以上の流体を熱交換させる熱交換器であって、
第1外板、第1区画体、伝熱板、第2区画体、第2外板を順に積層して積層体が構成され、
前記積層体では、前記第1区画体及び前記第2区画体により、前記伝熱板を挟んで対向位置する2つの前記流体通流室を1組とする対向室モジュールが2つ以上形成され、複数の前記対向室モジュールにおける2つの前記流体通流室内の夫々に伝熱フィンが備えられ、
前記積層体には、複数の前記流体通流室の夫々に対して流体を流入可能な流入部、及び、複数の前記流体通流室の夫々から流体を排出可能な排出部が備えられ、
流入される流体を蒸気と液体とに分離して排出可能な分離用流体通流室が、前記対向位置する2つの前記流体通流室によって挟まれた前記伝熱板の部位が開口されて形成された中空空間と、当該2つの前記流体通流室とにより形成され、前記対向室モジュールにて構成された精留部が、当該精留部を構成する前記対向室モジュールの一方の前記流体通流室に前記分離用流体通流室において分離された前記蒸気が流入され、他方の前記流体通流室に冷却用流体が流入される形態で設けられている熱交換器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT