吸収式冷凍機

開放特許情報番号
L2017001438
開放特許情報登録日
2017/9/22
最新更新日
2017/9/22

基本情報

出願番号 特願2007-161553
出願日 2007/6/19
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2009-002540
公開日 2009/1/8
登録番号 特許第5260895号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 吸収式冷凍機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 吸収式冷凍機
目的 吸収器における吸収液の過冷却を防止することにより、当該吸収液の吸収能力を低下させずに、エネルギー効率を向上させて、成績係数の低下を防止できる吸収式冷凍機を提供する。
効果 吸収器における吸収液の過冷却を防止することにより、当該吸収液の吸収能力を低下させずに、エネルギー効率を向上させて、成績係数(COP値)の低下を防止できる吸収式冷凍機を提供する。
技術概要
蒸発器、吸収器、再生器、凝縮器を備えるとともに、吸収器と再生器との間で、吸収液が循環する吸収液循環路を備え、吸収器において冷媒が吸収されて希吸収液が生成され、再生器において冷媒が蒸発して濃吸収液が生成されて作動する吸収式冷凍機であって、吸収液循環路が、吸収器から再生器に希吸収液を流通する往路と、再生器から吸収器に濃吸収液を流通する復路とを備えて構成され、復路を介して再生器から吸収器に流通する濃吸収液を外部から導入された冷却媒体との熱交換により冷却する吸収器用熱交換器を、当該吸収器の外部の復路に備え、往路と復路との間に、往路を流通する希吸収液の一部を復路における吸収器用熱交換器の上流側に直接導入するバイパス路を設けるとともに、復路における吸収器用熱交換器と吸収器との間にエゼクターを設け、濃吸収液と蒸発器からの冷媒蒸気とを混合する構成を有し、さらに、外部から吸収器内を介することなく導入された冷却媒体を、吸収器用熱交換器と凝縮器内の凝縮器用熱交換器とを順に流通させて外部に放出可能に構成された冷却媒体流通路を備える吸収式冷凍機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT