椎間板変性症に対する治療薬JAK‐STAT3阻害剤

開放特許情報番号
L2017001413
開放特許情報登録日
2017/9/13
最新更新日
2017/9/13

基本情報

出願番号 特願2015-214249
出願日 2015/10/30
出願人 学校法人慶應義塾
公開番号 特開2017-081870
公開日 2017/5/18
発明の名称 椎間板変性症に対する治療薬JAK‐STAT3阻害剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 治療薬をスクリーニングする方法
目的 椎間板変性症の治療に有効な椎間板変性症治療薬、及び該治療薬のスクリーニング方法の提供。
効果 今まで根本的な薬物治療を行うことのできなかった椎間板変性症に対して、進行予防効果を持つ薬剤を提供することができる。また、新たな治療薬の開発を行うことも期待することができる。
技術概要
JAK‐STAT3阻害剤、特にCP690550を有効成分とする治療薬。酸化ストレスを誘導した線維輪(AF)細胞に、候補物質を接触させ、JAK‐STAT3シグナル伝達系の変化を指標としたスクリーニング方法、更に前記スクリーニング方法によって選択された候補物質を、げっ歯類椎間板変性モデル動物に摂取させ、JAK‐STAT3シグナル伝達系の変化を指標とした、該治療薬のスクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人慶應義塾

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT