遮水シートおよびその敷設方法

開放特許情報番号
L2017001404
開放特許情報登録日
2017/9/13
最新更新日
2017/9/13

基本情報

出願番号 特願2001-224284
出願日 2001/7/25
出願人 シバタ工業株式会社
公開番号 特開2003-034919
公開日 2003/2/7
登録番号 特許第4855601号
特許権者 シバタ工業株式会社
発明の名称 遮水シートおよびその敷設方法
技術分野 土木・建築、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 遮水シート、敷設方法
目的 従来技術によると、遮水シートへのフロートの装着作業、フロートの取り外し作業、取り外したフロートの回収作業が必要であり、広大な面積に敷設する大きな遮水シートとしてはそれらの作業は大きな負担となっている。
効果 シート材を密封して形成した袋状の遮水シート内に、周囲に複数の通孔を設けたパイプを所定間隔に複数本配置し、それらのパイプを複数のブロックに分割し、そのブロック毎の各パイプをそれぞれ注入・排気用パイプに接続して外部と連通するようにしたことにより、その注入・排気用パイプにより遮水シート内の空気を抜いたり、水を注入したりすることができ、大きな遮水シートを水面上で容易に拡げることができ、またその拡げた遮水シートを容易かつ正確に所定の位置に沈降敷設させることができる。
技術概要
シート材を密封して構成した袋状体内に、空気もしくは水の注入・排気用パイプに接続して外部と連通する周囲に複数の通孔を設けたパイプを所定間隔に複数本配置し、それらのパイプを複数のブロックに分割し、上記注入・排気用パイプを介して水底に展張および沈設を行える構造にしたことを特徴とする遮水シート。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シバタ工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT