発電システム

開放特許情報番号
L2017001400
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2005-050001
出願日 2005/2/25
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2006-238610
公開日 2006/9/7
登録番号 特許第4756877号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 発電システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 発電システム
目的 電力変換装置における電力損失などの影響を受けることなく、制御手段に所望の電力を供給することができる発電システムを提供する。
効果 電力変換装置における電力損失の影響を受けることなく、制御手段に所望の電力を供給することができ、発電システム全体の運転効率を高めることが可能となる。
制御手段を確実に且つ安定して駆動させることが可能となる。
信頼性の高い発電システムを提供することが可能となる。
技術概要
発電装置と、発電電力を所定の交流電力に変換するための電力変換装置と、電力変換装置を作動制御するための制御手段と、を具備し、電力変換装置からの交流電力は商用電源と系統連系され、電力変換装置及び前記商用電源からの交流電力が電力負荷に供給される発電システムであって、発電装置は、回転型原動機により駆動される交流発電機とを備え、制御手段に関連して、交流電力を整流するための整流手段が設けられており、整流手段は、第1整流手段と、発電交流電力を整流するための第2整流手段とから構成され、前記第1整流手段の上流側は前記電力変換装置の出力側に接続され、その下流側は前記制御手段に接続され、また前記第2整流手段の上流側は前記電力変換装置の入力側に接続され、その下流側は前記制御手段に接続されており、発電電圧が所定値よりも低下すると、商用電源からの交流電力が前記第1整流手段を介して前記制御手段に供給され、商用電力から制御手段が駆動され、また前記発電装置の発電電圧が前記所定値を超えると、前記発電装置からの発電電力が前記第2整流手段を介して前記制御手段に供給され、前記発電装置からの電力によって前記制御手段が駆動されることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT