エンジン及びその運転方法

開放特許情報番号
L2017001393
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2003-073097
出願日 2003/3/18
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-278454
公開日 2004/10/7
登録番号 特許第4225809号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 エンジン及びその運転方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 予混合圧縮着火運転を実行可能なエンジン及びその運転方法
目的 燃焼室において混合気を圧縮して自己着火させる予混合圧縮着火運転を実行可能なエンジンにおいて、火花点火運転を行った後に予混合圧縮着火運転に切り換える際に、安定した運転状態を維持することができる運転技術を実現する。
効果 運転状態に応じて、当量比調整手段により混合気の当量比を設定し、部分点火運転、全点火運転及び予混合圧縮着火運転を択一的且つ記載の順に切り換える制御手段を設けることで、安定した運転状態を維持して起動可能、且つ、高効率化及び低NOx化を実現しながら広い機関負荷域において安定運転可能となる。
技術概要
燃焼室において混合気を圧縮して自己着火させる予混合圧縮着火運転を実行可能なエンジンであって、
前記燃焼室において混合気を火花点火可能な点火プラグを複数配置し、
前記燃焼室に形成される混合気の当量比を調整可能な当量比調整手段を備え、
運転状態に応じて、前記当量比調整手段により混合気の当量比を設定し、前記複数の火花点火プラグの内の一部を働かせて前記燃焼室において混合気を火花点火する部分点火運転と、前記複数の火花点火プラグの全てを働かせて前記燃焼室において混合気を火花点火する全点火運転と、前記予混合圧縮着火運転とを切り換える制御手段を備え、
前記制御手段が、前記部分点火運転から前記予混合圧縮着火運転に運転を切り換える際に、前記全点火運転を介して切り換えるように構成されているエンジン。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT