予混合圧縮着火エンジンの起動運転方法及び予混合圧縮着火エンジン

開放特許情報番号
L2017001374
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2003-057093
出願日 2003/3/4
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-263663
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第4225805号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 予混合圧縮着火エンジンの起動運転方法及び予混合圧縮着火エンジン
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 予混合圧縮着火エンジン起動運転技術
目的 予混合圧縮着火エンジンにおいて、火花点火運転を行った後に予混合圧縮着火運転に移行する際に、燃焼室における混合気の当量比を大幅に低下させる必要がなく、安定した運転状態を維持することができる起動運転の技術を実現する。
効果 予混合圧縮着火エンジンの起動時において火花点火運転を行った後に予混合圧縮着火運転に移行する際に、燃焼室における混合気の当量比を大幅に低下させる必要がなく、安定した運転状態を維持して、予混合圧縮着火運転に移行することができる。
技術概要
燃焼室において混合気を火花点火可能、及び、排ガス再循環量を調整可能に構成された予混合圧縮着火エンジンの起動運転時において、
前記燃焼室において混合気を火花点火する火花点火運転を実行した後に、前記排ガス再循環量を増加させる移行操作を行って、前記燃焼室において混合気を圧縮して自己着火させる予混合圧縮着火運転を開始し、
前記予混合圧縮着火運転の開始後に前記排ガス再循環量を低下すると共に、
前記混合気の当量比を予混合圧縮着火運転に適した当量比よりも高くする形態で、火花点火運転に適した当量比以下の当量比から予混合圧縮着火運転に適した当量比へ低下する予混合圧縮着火エンジンの起動運転方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT