エンジン及びその点火時期制御方法

開放特許情報番号
L2017001362
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2004-056299
出願日 2004/3/1
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-248717
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第4378191号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 エンジン及びその点火時期制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 点火時期制御手段を備えたエンジン
目的 火花点火式エンジンにおいて、NOxの増加や失火の発生等の問題が顕著となることを抑制しながら、エンジン回転数の変更等に伴なう点火手段の点火時期の移行を実施することができる点火時期の制御技術を提供する。
効果 エンジン回転数の増加、減少に合わせて混合気を燃焼させ高効率な運転を行うことができる。
燃料として、天然ガス以外の燃料等を用いることができる。
技術概要
燃焼室に形成された混合気を複数の点火手段により多点点火するように構成され、前記複数の点火手段の点火時期を制御する点火時期制御手段を備えたエンジンであって、
前記点火時期制御手段が、前記複数の点火手段の点火時期を移行する際に、前記複数の点火手段の内の一部である第1点火手段の点火時期を移行し、エンジン回転数が安定したと判定した後に、前記複数の点火手段の内の他部である第2点火手段の点火時期を移行するように構成されているエンジン。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT