燃焼応用機器

開放特許情報番号
L2017001345
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2001-064683
出願日 2001/3/8
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-267157
公開日 2002/9/18
登録番号 特許第4225698号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 燃焼応用機器
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 燃焼器の効率的な制御方法
目的 従来の一般的な空気比制御や、排ガス分析に基づく空気比制御の問題点を解決する燃焼の制御方法を実現する。
効果 本発明による燃料の発熱量計測に基づく発熱量フィードフォワード空燃比制御は、従来の排ガス分析に基づく空燃比フィードバック制御と比較して、低コストで信頼性の高い制御方法を提供し得るものである。従来の排ガス分析に基づく空燃比フィードバック制御の方が、各種の外乱に対してより汎用性のあることは事実である。しかしながら、現行そこまでの制御が行われていない燃焼機器に対しては、本発明による発熱量フィードフォワード制御で十分発熱量変動の無かった時の性能が回復でき得る。
技術概要
燃焼機器の燃焼を制御する燃焼制御器を備え、
検出される燃焼機器の負荷に基づいて、前記燃焼機器に導かれる燃料流量と燃焼用空気流量とを決定して前記燃焼機器の燃焼を制御する燃焼制御器を備えた燃焼応用機器であって、
前記燃焼機器に燃料を導く燃料供給管路の途中にて燃料の発熱量を検出する手段を設け、
前記燃焼制御器が、
前記燃料流量を前記燃焼機器の負荷に基づいて決定し、
前記燃焼用空気流量を、燃料の標準発熱量に基づく理論空気量と空気比と決定された前記燃料流量とを乗算して仮決定し、検出された前記燃料の発熱量と前記標準発熱量との偏差に基づいて補正して本決定する燃焼用の燃焼応用機器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT