バーナ装置及びそれを備えた流体加熱装置

開放特許情報番号
L2017001344
開放特許情報登録日
2017/9/8
最新更新日
2017/9/8

基本情報

出願番号 特願2001-087817
出願日 2001/3/26
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-286207
公開日 2002/10/3
登録番号 特許第4179761号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 バーナ装置及びそれを備えた流体加熱装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 バーナ装置及びこのバーナ装置を備えた流体加熱装置
目的 燃焼振動による共鳴音を抑制することができるとともに、コンパクトで低コストであるバーナ装置を提供する。
燃焼振動による共鳴音を抑制することができる流体加熱装置を提供する。
効果 本発明のバーナ装置によれば、燃焼振動の発生が抑えられ、燃焼共鳴音の発生を防止することができる。
更に、本発明の流体加熱装置によれば、燃焼時に発生する燃焼振動を抑え、燃焼共鳴音の発生を防止し、燃焼騒音の少ない流体加熱装置を提供することができる。
技術概要
混合室を規定するバーナ本体と、複数個の炎孔を有する燃焼プレートと、前記混合室に燃料用ガスを供給するための燃料用ガス供給手段と、前記混合室に燃焼用空気を供給するための燃焼用空気供給手段と、を備え、前記燃料用ガス供給手段からの燃料用ガスと前記燃焼用空気供給手段からの空気とが前記混合室にて混合され、この混合された混合ガスが前記燃焼プレートの前記複数個の炎孔から噴出して燃焼するバーナ装置。
バーナ装置と、前記バーナ装置の前記燃焼プレートにおける燃焼によって生成される燃焼ガスが流れる燃焼ガス流路と、熱を受ける受熱媒体が流れる受熱管と、を備え、前記受熱管が前記燃焼ガス流路内に配設され、前記燃焼ガス流路を流れる燃焼ガスと前記受熱管を流れる受熱媒体との間で熱交換が行われることを特徴とする流体加熱装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT