PSS制御定数評価用の発電機トルク伝達関数算出方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2017001327
開放特許情報登録日
2017/8/28
最新更新日
2017/8/28

基本情報

出願番号 特願2005-078677
出願日 2005/3/18
出願人 北陸電力株式会社
公開番号 特開2006-262655
公開日 2006/9/28
登録番号 特許第4404361号
特許権者 北陸電力株式会社
発明の名称 PSS制御定数評価用の発電機トルク伝達関数算出方法及びプログラム
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 なし。
目的 コンピュータプログラムで、PSSの制御定数の評価をしやすくし、制御定数の修正作業をできる限り簡素化できるようにすることである。
効果 実際の電力系統に存在する動態不安定現象を反映したモデル(1機1負荷3ブランチ)を採用すると共に、ΔP型PSSとΔω型PSSの抑制効果を一括して考慮することにより、PSSの制御定数の評価をしやすくし、制御定数の修正作業をできる限り簡素化できるようにすることである。
技術概要
 
【課題】PSSの制御定数を評価しやすくし、制御定数の修正作業をできる限り簡素化できる。
【解決手段】PSSの制御定数を評価するために発電機トルク伝達関数を算出する方法であって、電力系統をローカルモード用に1機無限大母線に縮約するステップ、電力系統を広域モード用に1機1負荷3ブランチに縮約するステップ、ΔP+Δω型の検出方法に基づいて発電機の動態ブロック図を決定し動態ブロック図における定数K1〜K6を広域・ローカルモード用で別々に算出するステップ、Δω型PSSとΔP型PSSの動揺抑制効果を等価換算した上でΔω型PSSとΔP型PSSの各制御定数によりPSSの総合的伝達関数を決定するステップ、AVR制御定数からAVR伝達関数を算出するステップ、動態ブロック図における定数とPSSの総合的伝達関数とAVR伝達関数を利用して発電機トルク伝達関数を広域・ローカルモード用で別々に算出するステップからなる。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【不要】 
対価条件(ランニング) 【不要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 

登録者情報

登録者名称 北陸電力株式会社

技術供与

事業化情報

技術指導 【可】
技術指導料 【不要】 
事業化条件
特別資格 【不要】 
必要設備 【無】 
必要環境 【無】 
設備費用 【無】 
ポテンシャル 【不要】 
マーケット情報 【無】 
質的条件
事業化実績 【無】 
追加開発 【不要】 
その他情報 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
試作品評価 【否】
設備売却の意思 【無】
設備購入ルート
自社ルート提供 【否】
設備メーカ紹介 【否】
販売ルート
自社ルート提供 【否】
販売会社紹介 【否】
Copyright © 2017 INPIT