呼吸センサ

開放特許情報番号
L2017001320
開放特許情報登録日
2017/8/28
最新更新日
2019/2/27

基本情報

出願番号 特願2017-107838
出願日 2017/5/31
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-201657
公開日 2018/12/27
発明の名称 呼吸センサ
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 呼吸センサ
目的 鼻又は口の周辺といった呼気の流路に与えられて呼吸の有無を検出する呼吸センサであって、被検者の違和感のより少ない呼吸センサを提供する。
効果 可撓性を有する基板上に200μm以下の厚さの梁電極膜からなる片梁状の接点構造を被検者の違和感を減じ得る程度に微細に設けても、印刷により与えられた接触電極膜と梁電極膜との間隙を正確にできて安定した接点構造とし得る。
被検者の違和感を減じ得る程度により微細に設けても、安定した接点構造とし得る。
技術概要
スペーサチップ膜を間に挟んで基板と対向するとともに該スペーサチップ膜から延びる片梁状の200μm以下の厚さの梁電極膜を含み、該梁電極膜の延出端部を呼気の流路に与えて呼吸の有無を検出する呼吸センサであって、
前記スペーサチップ膜と前記延出端部との間において前記基板上に与えられた接触電極膜を含み、前記基板は可撓性を有するとともに、前記基板上に印刷により与えられた前記接触電極膜の頂部への前記梁電極膜の当接の有無を検出することを特徴とする呼吸センサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT