フレキシブルラジオ帽

開放特許情報番号
L2017001319
開放特許情報登録日
2017/8/28
最新更新日
2019/2/27

基本情報

出願番号 特願2017-106883
出願日 2017/5/30
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-204122
公開日 2018/12/27
発明の名称 フレキシブルラジオ帽
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 フレキシブルラジオを内蔵した帽子
目的 スポーツや作業時、スポーツ観戦時にラジオ放送等を聴取する際、ラジオまたはスピーカーが落下したり動作や視界の妨げになったりしないように身体に装着する手段を提供する。
効果 帽子をかぶったまま、視界が遮られたり、動作が妨げられたり、落下の危険を心配することなく、同じくブリムに埋め込んだスピーカーや、ブリム内の本体から外に出したイヤホンからラジオを聴くことができるようになった。
帽子のブリムにラジオが装着されているため、帽子の外観が維持されたままラジオを聴くことができる。
また、ブリムにスピーカーが付いている場合では、ラジオ以外の周囲の音も聞こえるので、周囲で起こっていることにも注意を払うことができる。
技術概要
そのフレキシブルに湾曲するまたは固定的に湾曲した芯材と外装材とから成るつばまたはクラウンの内部に、前記芯材の湾曲する形状に沿って、ラジオ回路とその操作部を配置したフレキシブルな基板を固定、または直接ラジオ回路とその操作部を固定したことを特徴とする帽子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT