スケール防止方法および炭酸カルシウムスケール防止剤

開放特許情報番号
L2017001306
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2010-238906
出願日 2010/10/25
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-092869
公開日 2012/5/17
登録番号 特許第5658531号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 スケール防止方法および炭酸カルシウムスケール防止剤
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 金属管表面に対して炭酸カルシウムスケールが付着するのを防止する技術
目的 冷却水配管などを構成する金属管表面に対して、より汎用的に、スケールを防止することができる技術を提供する。
効果 金属部材と炭酸カルシウムとの接触を電気的に防止することができる。
金属部材に炭酸カルシウムを付着しにくくすることができる。
カチオン性イオン導電型の樹脂材料として、4級アンモニウム基を含有する樹脂材料単量体単位を必須構成成分として含む重合体を主鎖とする樹脂材料を用いることができる。
樹脂材料を用いることにより、金属部材に非常に高い帯電防止効果を発揮させることができる。
カチオン性イオン導電型の樹脂としては、アンモニウム基を有する共塩基性のものの他、アミノ基を有する弱塩基性のものを用いることもできる。
技術概要
金属部材に被膜を形成して、その金属部材に接触する水からの炭酸カルシウムを主成分とするスケールの形成を防止するスケール防止方法であって、
カチオン性イオン導電型の樹脂材料からなる被膜を前記金属部材の水との接触面に形成して、炭酸カルシウムを主成分とするスケールの形成を防止するスケール防止方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT