予混合圧縮自着火エンジン

開放特許情報番号
L2017001294
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2000-204155
出願日 2000/7/5
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-021608
公開日 2002/1/23
登録番号 特許第4225672号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 予混合圧縮自着火エンジン
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 予混合圧縮自着火エンジン
目的 高熱効率且つ低NOxの予混合圧縮自着火エンジンにおいて、エンジンの動作状態が変化しても高い図示熱効率を維持することができる技術を得ること。
効果 出力を大幅に変更しても、ノッキング等を回避してエンジンの熱効率を常に高いものに維持することができる予混合圧縮自着火エンジンを実現することができる。
技術概要
本発明に係る予混合圧縮自着火エンジンは、請求項1に記載したごとく、エンジンの動作状態を検出する動作状態検出手段を備えるとともに、前記燃料供給手段から供給される燃料の供給量を設定して前記予混合気の当量比を設定する当量比設定手段と、前記自着火前の前記燃焼室の圧力を調整して、前記燃焼室における実圧縮比を設定する実圧縮比設定手段とを備え、前記動作状態検出手段が、前記動作状態としての前記エンジンの設定出力を検出する手段であり、予め記憶している前記当量比と前記実圧縮比との前記設定出力に関する関係に基づいて、前記当量比及び前記実圧縮比を制御するに、前記設定出力の増加に伴って、前記当量比を増加させると共に前記実圧縮比を減少させ、前記設定出力の減少に伴って、前記当量比を減少させると共に前記実圧縮比を増加させる制御手段を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT