無酸素ガス製造方法および熱処理システム

開放特許情報番号
L2017001292
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2000-091564
出願日 2000/3/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2001-279321
公開日 2001/10/10
登録番号 特許第4358404号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 無酸素ガス製造方法および熱処理システム
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 熱処理システム
目的 低コストで無酸素ガスを製造することができる無酸素ガス製造方法、およびそれを用いた熱処理システムを提供すること。
効果 酸素分離装置の低濃度酸素のオフガスを有効利用することができ、無酸素ガスを低コストで製造することができる。酸素分離装置として固体電解質膜を用いる場合、高温のオフガスを有効熱利用することができるため、省エネルギーが達成できる。酸素分離装置からの酸素濃度の低いオフガスを燃焼させて無酸素ガスを製造するので、少ない燃料で高温の無酸素ガスを製造でき、光輝焼鈍などの熱処理に有効に用いることができる。酸素分離装置からの高温排ガスの特長を生かした一種のFDI燃焼もしくは高温空気燃焼に準ずる低NOX燃焼が可能となる。
技術概要
固体電解質膜を用いて空気から酸素を分離する酸素分離装置と、酸素分離装置で製造された高濃度酸素を支燃性ガスとして燃焼させ、被加工物を加熱して加工する加工炉と、酸素分離装置から排出された500℃以上の高温の低濃度酸素のガスに、量論比以上の炭化水素燃料を加えて酸化反応させ、酸素を消費させて、高温の無酸素ガスを製造する酸化反応器と、製造された前記高温の無酸素ガスを保護雰囲気とし、前記加工炉で加工された被加工物を熱処理する熱処理炉とを有することを特徴とする熱処理システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT