予混合圧縮自着火エンジン及びその運転方法

開放特許情報番号
L2017001290
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2000-088931
出願日 2000/3/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2001-241342
公開日 2001/9/7
登録番号 特許第4225666号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 予混合圧縮自着火エンジン及びその運転方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 予混合圧縮自着火エンジンと、その予混合圧縮自着火エンジンの運転方法
目的 予混合圧縮自着火エンジンにおいて、特に高出力運転を行っても、ノッキングを発生させることなく、好ましい運転状態を維持できる予混合圧縮自着火エンジンとその運転方法の提供。
効果 全体的な燃焼速度を低下させてノッキングを抑制しながら、高出力運転が可能となる。簡単な構成で、エンジンの動作状態に合わせて渦の発生状態を調整して混合気の混合状態を調整することができ、出力を大幅に変化させることができる予混合圧縮自着火エンジンを構成することができる。
技術概要
吸気路の酸素含有ガスを燃焼室に吸気すると共に、前記吸気路の前記酸素含有ガスに燃料を供給して、前記燃料と酸素含有ガスとの混合気を前記燃焼室において圧縮自着火させ、クランク軸の回転を維持する予混合圧縮自着火エンジンであって、前記酸素含有ガスの流れに渦を発生させる柱状体を前記吸気路に設け、前記吸気路の前記渦が発生する渦領域に、前記燃料を供給する燃料供給手段を設け、前記燃料供給手段が、前記柱状体の前記酸素含有ガスの流れ方向の下流側に設けられ、前記柱状体が、中空の筒体であり、前記燃料供給手段が、前記筒体の内部に供給した燃料を、前記筒体の前記酸素含有ガスの流れ方向の下流側の外壁に設けた噴孔を介して、前記渦領域に供給する手段である予混合圧縮自着火エンジン。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT