エンジンバルブ及びエンジン

開放特許情報番号
L2017001271
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2006-062735
出願日 2006/3/8
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2006-329184
公開日 2006/12/7
登録番号 特許第4809696号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 エンジンバルブ及びエンジン
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 エンジンバルブ及びそのエンジンバルブを備えたエンジン
目的 エンジンバルブの傘部に発生する熱応力を低減することにより、クラックの発生を抑制し、耐久性に優れたエンジンバルブを実現する。
効果 温度差に起因して発生する熱応力を低減し、そのエッジ部におけるクラックの発生を抑制することができる。
したがって、エンジンバルブの傘部に発生する熱応力を低減することにより、クラックの発生を抑制し、耐久性に優れたエンジンバルブを実現することができる。更に、円弧断面を有する曲面状に形成するようエッジ部を比較的容易な方法で加工することができる。
技術概要
エンジンの燃焼室に通じるポートに設けられ、前記ポート側から前記燃焼室に向けて延びる軸部と、前記軸部の先端に形成された傘部とを備え、前記燃焼室への開口部に設けられたバルブシートに形成されたテーパー状のシート部に着座するテーパー状のフェース部を、前記傘部の前記ポート側に備えたエンジンバルブであって、前記傘部の外周には前記軸部の軸方向に延びる円筒状の外周側面を形成するとともに、前記外周側面の前記ポート側に前記フェース部を設け、前記外周側面と前記フェース部との接続縁部であるエッジ部を円弧断面形状を有する曲面状に形成し、前記円筒状の外周側面の軸方向の高さHに対する前記エッジ部の曲率半径Rの比率(R/H×100%)を、25%以上且つ75%以下の範囲として、前記エッジ部に発生する熱応力を低減したエンジンバルブ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT