炭酸ガスの吸収方法

開放特許情報番号
L2017001255
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2010-159453
出願日 2010/7/14
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-020221
公開日 2012/2/2
登録番号 特許第5656492号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 炭酸ガスの吸収方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 炭酸ガスの吸収(固定)方法
目的 炭酸ガスの吸収効率が向上した新規な炭酸ガスの吸収方法を提供する。
効果 ヒドロキシ−ケトン構造を有する化合物を溶解した非プロトン性極性溶媒に炭酸ガスを接触させることにより、ヒドロキシ−ケトン構造を有する化合物のカルボニル基に炭酸ガス(CO↓2)が求核付加反応することにより炭酸ガスが効率的に吸収(固定)される。
技術概要
 
グルコノラクトンを溶解した非プロトン性極性溶媒に炭酸ガスを接触させることを特徴とする炭酸ガスの吸収方法。
前記非プロトン性極性溶媒中の前記グルコノラクトンの含有量は、45重量%以上である、吸収方法。
前記非プロトン性極性溶媒は、白金、酸化亜鉛及びゼオライトからなる群から選択される少なくとも1種の触媒を含有する、吸収方法。
前記非プロトン性極性溶媒の温度が20〜150℃である、吸収方法。
前記非プロトン性極性溶媒中に炭酸ガスをバブリングさせて接触させる、吸収方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT