ポリマー修飾ナノスケールカーボンチューブ及びその製造方法

開放特許情報番号
L2017001243
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2004-212095
出願日 2004/7/20
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2006-028421
公開日 2006/2/2
登録番号 特許第4425083号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 ポリマー修飾ナノスケールカーボンチューブ及びその製造方法
技術分野 有機材料、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ナノスケールカーボンチューブ、ポリマー−ナノスケールカーボンチューブ複合材料及びその製造方法
目的 有機溶媒、樹脂などの有機媒体中に高濃度に分散可能なカーボンナノチューブ類、並びに、かかる有機媒体に高濃度に分散可能なカーボンナノチューブを、カーボンナノチューブ類の構造に損傷を与えることなく、且つ、工業的に有利に製造する方法を提供する。
効果 本発明のポリマー修飾ナノスケールカーボンチューブ、ポリマー−ナノスケールカーボンチューブ複合材料は、ナノスケールカーボンチューブの表面(側面及び両端)がポリマーで修飾されているので、溶媒、樹脂等の媒体に対する親和性が劇的に向上しており、これら媒体への均一分散が極めて容易であり、また、ナノスケールカーボンチューブが該媒体中で沈殿したり、相分離したりすることが実質上ないという利点を有する。
技術概要
下記一般式(1a)
[式中、
R↑1は、水素原子又は炭素数1〜4のアルキル基を示し、
R↑2は、式(p)
で表される基を示し、R↑3は、(メタ)アクリレート及びスチレン類からなる群から選ばれる少なくとも1種のモノマーの重合体を示す。]
で表される少なくとも1種の修飾基が、ナノスケールカーボンチューブの側面及び両端に結合していることを特徴とするポリマー修飾ナノスケールカーボンチューブ。
ナノスケールカーボンチューブが、
(i)単層カーボンナノチューブ、
(ii)アモルファスナノスケールカーボンチューブ、
(iii)ナノフレークカーボンチューブ及び入れ子構造の多層カーボンナノチューブからなる群から選ばれるカーボンチューブ、又は
(iv)上記(iii)のカーボンチューブと炭化鉄又は鉄とからなり、該カーボンチューブのチューブ内空間部の10〜90%の範囲に炭化鉄又は鉄が充填されている鉄−炭素複合体
であるポリマー修飾ナノスケールカーボンチューブ。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT