ガス漏洩検知方法

開放特許情報番号
L2017001223
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2007-300768
出願日 2007/11/20
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2009-128069
公開日 2009/6/11
登録番号 特許第5032951号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 ガス漏洩検知方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 ガス漏洩検知方法及びガス漏洩検知装置
目的 ガス漏洩の可能性があることを的確に判定できるガス漏洩検知方法及びガス漏洩検知装置を提供する。
効果 下流側でガス漏洩が発生している可能性が高い場合に的確にガス漏洩の可能性を判定することができ、また、安全性も効果的に高め得るガス漏洩検知方法及びガス漏洩検知装置を得ることができ、殊にガスメータの機能向上に適している。
技術概要
ガス機器に燃料ガスを供給するガス供給路において、燃料ガスに所定量以上の流量変化が計測され、その後、ガス流量が過渡応答を経て定常状態に達した直後に、
前記燃料ガスに第1の圧力変化を付与した後に、第2の圧力変化を付与し、それらの圧力変化付与で生じるガス流量の変化を調べることにより全ガス流量のうち、圧力変化を減殺する制御手段が組み込まれているガス機器への供給流量以外の流量を無制御流量として求めるとともに、この無制御流量が大きいほど短い制限時間を設定し、
その後、前記無制御流量の存在が、設定された前記制限時間にわたって継続したときガス漏洩の可能性があると判定するガス漏洩検知方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT