基礎杭の電気防食方法

開放特許情報番号
L2017001220
開放特許情報登録日
2017/8/25
最新更新日
2017/8/25

基本情報

出願番号 特願2003-304837
出願日 2003/8/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-076049
公開日 2005/3/24
登録番号 特許第4212431号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 基礎杭の電気防食方法
技術分野 金属材料、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 基礎杭の電気防食方法
目的 基礎杭の電気防食方法において、電極の配置を適切に行って、複数の基礎杭の防食を適切に行い、更に、この電極の配置作業をできるだけ簡素化する。
効果 電極の貫入作業を簡素化して作業性の向上を図ることができる。
また、各基礎杭の隣接間に渡って1つの電極が通過するように、電極を配置することで、電極の数量をできるだけ少なくして、基礎杭の電気防食方法を行うための作業及び設備の簡略化及び低コスト化を実現することができる。
技術概要
地盤に鉛直方向に貫入された複数の基礎杭に対して、前記地盤に埋設した電極から防食電流を通電させる基礎杭の電気防食方法であって、
前記電極を、前記基礎杭の隣接間に配置する基礎杭の電気防食方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT