家具転倒途中止め

開放特許情報番号
L2017001210
開放特許情報登録日
2017/8/18
最新更新日
2017/8/18

基本情報

出願番号 特願2016-208278
出願日 2016/10/25
出願人 浅沼 重吉
登録番号 特許第6176763号
特許権者 浅沼 重吉
発明の名称 家具転倒途中止め
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 家具
目的 大地震により家具の完全転倒に従って、家具崩壊と人体の怪我、家具の下敷き防止し、人命を保護する。
効果 1・転倒途中止めによる家具の破損の減少。
2・特に大型の鏡の破片の散乱防止。
3・家具による下敷きを減少させて人命を保護する。
4・余震と周囲の状況に従って、家具の下に一時避難をして落下物を防ぐ。
5・家具が半転倒につき、元の位置に戻すことが簡単である。
技術概要
シリンダー(2)にピストン(5)をスライド自在に設け、シリンダー(2)の下部に案内孔(3)と上部に鋸歯部露出孔(4)を設け、ピストン(5)に停止棒(7)と鋸歯部(6)と球型ゴム(8)を設け、停止棒(7)を案内孔(3)に嵌め、ピストン(5)をシリンダー(2)から離脱不能にし、鋸歯部露出孔(4)の上部に、軸ボルト(15)により固定されるレバー(10)とねじりスプリング(11)を設け、ねじりスプリング(11)の反発力によりレバー(10)を押上げて作用点側のストッパー(9)を下方向に付勢して、鋸歯部(6)をストッパー(9)により係止してピストンを停止可能にし、シリンダー(2)と軸ボルト(15)を家具の両サイドに対向させて設けて一対とし、別の軸ボルト(15)により鎹型扉止め(14)を回転自在に橋設し、家具の上台(27)と下台(28)を蝶番(22)により蝶着し、上台(27)を回転自在にし、家具の転倒時の遠心力で鎹型扉止め(14)とピストン(5)を落下させ、鎹型扉止め(14)で扉を封鎖するとともに、ピストン(5)で家具を途中で支える事を特徴とする家具転倒途中止め。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 浅沼 重吉

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT