金属光沢を有する膜及びこれが形成されてなる物品並びに金属光沢を有する膜の製造方法

開放特許情報番号
L2017001195
開放特許情報登録日
2017/8/8
最新更新日
2017/8/8

基本情報

出願番号 特願2017-016378
出願日 2017/1/31
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2017-110232
公開日 2017/6/22
発明の名称 金属光沢を有する膜及びこれが形成されてなる物品並びに金属光沢を有する膜の製造方法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属光沢を有する膜及びこれが形成されてなる物品並びに金属光沢を有する膜の製造方法
目的 より製造が容易で、経時劣化の少ない、金属光沢を有する膜及びこれが形成されてなる物品並びに金属光沢を有する膜の製造方法を提供すること。
効果 より製造が容易で、経時劣化の少ない、金属光沢を有する膜及びこれが形成されてなる物品並びに金属光沢を有する膜の製造方法を提供することができる。
技術概要
重量平均分子量の分布ピークが200以上30000以下の範囲内にあるチオフェン重合体を含む金属光沢を有する膜。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT