エスカレーターの混雑状況判定装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2017001192
開放特許情報登録日
2017/8/3
最新更新日
2017/8/3

基本情報

出願番号 特願2012-154251
出願日 2012/7/10
出願人 東日本旅客鉄道株式会社
公開番号 特開2014-015306
公開日 2014/1/30
登録番号 特許第5963251号
特許権者 東日本旅客鉄道株式会社
発明の名称 状況判定装置及び状況判定プログラム
技術分野 機械・加工、輸送
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 乗客コンベア(エスカレーター)の混雑状況判定装置及びそのプログラム
目的 乗客コンベアの降口付近の混雑状況を、低コストで簡単な装置によって容易に判定することができる状況判定装置及び状況判定プログラムを提供する。
効果 乗客コンベアの降口付近の混雑状況を、低コストで簡単な装置によって容易に判定することができる。
技術概要
乗客コンベアの降口付近の状況を判定する状況判定装置は、踏段上の乗客を検知する第1の乗客検知部と、踏段から床面に乗り移る乗客を検知する第2の乗客検知部と、床面上の乗客を検知する第3の乗客検知部とを備えた乗客検知装置を有し、第1〜第3の乗客検知部が所定時間以上連続して同時に検知状態になり、かつ、この連続して同時に検知状態になる間隔が所定時間以内であるときに、乗客コンベアの降口付近が混雑状態であると判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT