原木丸太の端面揃え装置

開放特許情報番号
L2017001159
開放特許情報登録日
2017/7/27
最新更新日
2017/8/3

基本情報

出願番号 特願2014-237103
出願日 2014/11/5
出願人 渋谷 陽二
公開番号 特開2016-088076
公開日 2016/5/23
発明の名称 原木丸太の端面揃え装置
技術分野 機械・加工、輸送、その他
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 複数本の原木丸太の両端面を2枚のプレートで押さえて揃える装置
目的 原木丸太の各作業現場で稼働するフォークリフトが、運搬する一回分の複数本の原木丸太の両端面を迅速に揃えることより、連続しての椪積み作業やトラック荷台への積み込み作業を短時間で省力的に行うことができる原木丸太の両端揃え装置を提供する。
効果 原木丸太の各作業現場で稼働するフォークリフトが、運搬する一回分の複数本の原木丸太の両端面を迅速に揃えることより、連続しての椪積み作業やトラック荷台への積み込み作業を短時間で省力的に行うことができる。
技術概要
支持基台1aの両端に装着されている上開き状態の一対の可動プレート5の上からフォークリフトのフォークに不揃え状態の複数本の定尺原木丸太12を載せたまま進入し、原木丸太を可動プレートの上方から中央部へ自重で降下させると、一対の可動プレート5の内面幅が回転軸受けの高さで定尺原木丸太の長さに設定してあるため、複数本の定尺原木丸太が自ら端面を揃えながらストッパーまで降下する、この時点で一対の可動プレートは直立するので上層の原木丸太もすべて両端面を揃えることが可能となる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】話し合いの上
対価条件(ランニング) 【要】話し合いの上
希望譲渡先(国内) 【可】話し合いの上
希望譲渡先(国外) 【可】話し合いの上

登録者情報

登録者名称 渋谷 陽二

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT