高分子ゲルを用いたセンサ

開放特許情報番号
L2017001150
開放特許情報登録日
2017/7/20
最新更新日
2017/9/28

基本情報

出願番号 特願2017-046879
出願日 2017/3/13
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2017-122737
公開日 2017/7/13
発明の名称 高分子ゲルを用いたセンサ
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 高分子ゲルを用いたセンサ
目的 センサ素子自体が柔軟性を有し、小荷重の作用により容易に変形する作用を利用して変位センサとして利用される新規な構成を有する高分子ゲルを用いたセンサを提供する。
効果 センサ素子が、誘電性高分子材料と電極層とメッシュ体とからなることから容易にかつ安価に製造することができ、数グラム程度の小荷重によって変形することから変位センサとして好適に利用することができる。
技術概要
高分子ゲルを利用したセンサ素子と、該センサ素子に作用する荷重を電気信号として検知する検知部とを備える、変位センサとして用いられる高分子ゲルを用いたセンサであって、
前記センサ素子は、誘電性高分子材料からなるゲルシートと、該ゲルシートを厚さ方向に挟む、電極層及び、導電体からなるメッシュ体とを配置した構成を基本構造とし、
前記検知部は、前記メッシュ体と電極層とに電気的に接続され、
前記センサ素子に荷重を作用させたときの発生電圧とセンサ素子の変位量との相関関係に基づき、前記センサ素子の変位量が検知されることを特徴とする高分子ゲルを用いたセンサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT