能動マニピュレータ装置

開放特許情報番号
L2017001141
開放特許情報登録日
2017/7/20
最新更新日
2018/11/28

基本情報

出願番号 特願2017-036078
出願日 2017/2/28
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2018-140463
公開日 2018/9/13
発明の名称 能動マニピュレータ装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 能動マニピュレータ装置
目的 加熱・冷却を制御することにより伸縮駆動される熱駆動型の繊維状アクチュエータを利用して大きな回動角度を得ることを可能とし、ロボット装置等の種々の用途に好適に利用することができる能動マニピュレータ装置を提供すること。
効果 収縮率が小さい繊維状アクチュエータを使用して大きな回動角度が得られる関節機構(屈曲機構)として提供することができ、ロボット等に小型で容易に使用することができる装置として提供することができる。
技術概要
円弧状の接触部をそれぞれ備える第1の部材および第2の部材と、
前記それぞれの接触部の円弧の中心軸間に配置され、前記接触部を対向して当接させながら、前記第1の部材と第2の部材を相互に回動可能に支持するキャリアと、
前記キャリアに固定され、第1の部材の軸と同芯に設けられたプーリと、
前記プーリに連繋して設けられ、加熱・冷却により伸縮駆動される熱駆動型のアクチュエータとを備えることを特徴とする能動マニピュレータ装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT