回転駆動式打音機構

開放特許情報番号
L2017001136
開放特許情報登録日
2017/7/17
最新更新日
2019/1/31

基本情報

出願番号 特願2017-071903
出願日 2017/3/31
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-173354
公開日 2018/11/8
発明の名称 回転駆動式打音機構
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 回転駆動式打音機構
目的 配管内部の形状に合わせて柔軟に屈曲することで、スムースな通過を可能にするとともに、モータにより回転駆動される弾性ハンマーにより、全管路長にわたって、腐食の進行度などの正確な検査、診断を可能にする。
効果 ケージ部が配管内部の形状に合わせて柔軟に屈曲することで、スムースな通過を可能にするとともに、モータにより回転駆動される弾性ハンマーにより、周期的に打音を発生させることができ、この打音を音響解析することで、配管検査装置の小型軽量化、低コスト化を実現し、屈曲部を有する細管であっても、全管路長にわたって、腐食の進行度などの正確な検査、診断を行うことができる。
技術概要
牽引ケーブルにより牽引される前方ハブと、後方ハブと、両端が両ハブのそれぞれに連結され、円周方向にわたり一定間隔に配置され、かつ、円弧状に湾曲するよう連結された複数の弾性バーとからなるケージ部と、
前記前方ハブと前記後方ボスの一方に固定されるモータと、このモータにより駆動され、前記ケージ部に対し回転されるハンマー回転部と、
前記ハンマー回転部に取り付けられ、先端に打音部を備えた弾性ハンマーとからなり、
前記ケージ部が配管内部に挿入されたとき、前記弾性バーの頂点を配管内壁に対し弾圧させることにより、前記弾性バーのそれぞれが、前記ハンマー回転部の中心軸を配管の中心軸と一致するようセンタリングを行うとともに、
前記ハンマー回転部の回転により、前記弾性ハンマーの打音部が前記弾性バーを乗り越える際に蓄えられた弾発力により、その次の弾性バーとの間で配管内壁を叩き、打音を行うようにしたことを特徴とする回転駆動式打音機構。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT