熱応力解析シミュレーションプログラム及び解析方法

開放特許情報番号
L2017001121
開放特許情報登録日
2017/7/17
最新更新日
2018/11/28

基本情報

出願番号 特願2017-039116
出願日 2017/3/2
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2018-146281
公開日 2018/9/20
発明の名称 熱応力解析シミュレーションプログラム及び解析方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 熱応力解析を行うシミュレーションプログラム及び解析方法
目的 合金種に大きく依存することなく汎用性を有し、凝固終了直後の高温域から室温までの広い温度範囲で高い精度を得られる合金の熱応力解析を行うためのシミュレーションプログラム及び解析方法を提供する。
効果 熱応力解析において、合金種に大きく依存することなく、凝固終了直後の高温域から室温までの広い温度範囲で高い精度の解析を得られる。
技術概要
内部変数を用いた弾塑性構成式を利用して合金の熱応力解析を行うシミュレーションプログラムであって、
全歪みは、応力との間でフックの法則に従う弾性歪みに塑性歪みを加算して与えられ、
前記塑性歪みは、歪速度をべき乗し内部変数Sを乗じた値に前記応力が比例する関係から与えられ、
前記内部変数は、前記合金の応力−非弾性ひずみ曲線の形状を規定する双曲線関数から与えられることを特徴とする熱応力解析シミュレーションプログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT