薄板のレーザー溶接方法

開放特許情報番号
L2017001106
開放特許情報登録日
2017/7/20
最新更新日
2017/7/20

基本情報

出願番号 特願2008-183856
出願日 2008/7/15
出願人 日新製鋼株式会社
公開番号 特開2010-023047
公開日 2010/2/4
登録番号 特許第5224349号
特許権者 日新製鋼株式会社
発明の名称 薄板のレーザー溶接方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 レーザー光を熱源として薄板同士の重ね合わせ部をレーザー溶接する方法
目的 隙間、特に細かくかつ不規則な隙間を有する2枚の薄板の重ね合わせ部を、溶け落ちを発生させることなく簡便にレーザー溶接する方法を提供すること。
効果 薄鋼板の重ね合わせ部のレーザー溶接が安定的に行え、高品質の自動車部品等が安価に安定的に供給できるようになる。
技術概要
隙間を有する2枚の薄板の重ね合わせ部を2回のレーザー照射で溶接する方法であって、1回目のレーザー溶接では焦点を外したデフォーカス状態でレーザーの照射を行い、隙間のある箇所ではレーザー照射側の上板を溶融させて下板側に凹ませた上で隙間を低減し、隙間のない箇所では下板の裏側まで貫通しない範囲で上板と下板との接合を行い、2回目のレーザー溶接で下板の裏側まで貫通して溶接を行うことを特徴とする薄板のレーザー溶接方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 日新製鋼株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT