高濃度炭酸泉生成装置

開放特許情報番号
L2017001105
開放特許情報登録日
2017/7/19
最新更新日
2017/7/19

基本情報

出願番号 特願2016-556548
出願日 2015/10/23
出願人 丸福水産株式会社、株式会社MGグローアップ
公開番号 WO2016/068055
公開日 2016/5/6
登録番号 特許第6154962号
特許権者 丸福水産株式会社、株式会社MGグローアップ
発明の名称 高濃度炭酸泉生成装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、機械・加工
機能 加圧・減圧、検査・検出
適用製品 高濃度炭酸泉生成装置
目的 既存の浴槽湯においても、短時間にかつ堅実に高濃度炭酸泉を生成することができる高濃度炭酸泉生成装置を提供する。
効果 既存の浴槽湯においても、短時間にかつ堅実に高濃度炭酸泉を生成することができる高濃度炭酸泉生成装置を提供することができる。
技術概要
湯ないしは水と炭酸ガスを加圧状態にて導入する導入口を設けた混合ケース内に、導入口から導入された湯ないしは水と炭酸ガスとを混合する複数の混合ユニットを配設し、混合ケースには、混合ユニットにより混合された混合流体を導出する導出口を設けた流体混合器を具備し、各混合ユニットは、各内部において、湯ないしは水と炭酸ガスが導入口側から導出口側に向かって蛇行しながら流動して混合されるように構成し、流体混合器は、混合ケース内に、導入口側から導出口側に向けて複数の混合ユニットを相互に間隔をあけて直列的に配設して、混合ユニット間に中継溜り空間を形成するとともに、導入口と最上流側に配置した混合ユニットとの間に導入口側溜り空間を形成する一方、最下流側に配置した混合ユニットと導出口との間に導出口側溜り空間を形成して、各溜り空間の間に各混合ユニットを連通させて配置するとともに、各混合ユニットに設けた流入口は、導入口側に向けて開口配置する一方、各混合ユニットに設けた流出口は、導出口側に向けて開口配置して、流体混合器により炭酸ガスを微細化するとともに湯ないしは水と均一に混合して高濃度炭酸泉を生成する高濃度炭酸泉生成装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT